レチノールクリームおすすめ

肌への影響について

ビタミン類は人間にとって必要不可欠で
足りないと病気になってしまうくらい大切な栄養です。

 

 

紹介している肌ケアのための

レチノールクリームも、
肌に良い働きをするビタミンAです。

 

では、実際レチノールは
どんな働きをするのか教えます。

 

上皮細胞の維持

 

 

口や喉、消化器官などの粘膜が上皮細胞と呼ばれている物です。

 

これは傷や感染症から身を守るための粘膜なので、
肌にこれが足りないと傷ができても治りが遅くなったり
シミなどの原因にもなってしまいます。

 

 

 

ターンオーバーのリズムを整える

 

 

肌の角質をしっかりと新しくするリズムを作ってくれるので、
古い角質が残ったままにならないため、シミを予防、
それにシワやたるみなどからも守ってくれるんです。

 

年齢肌でも綺麗な人は

ターンオーバーのリズムがしっかりできている

 

 
 
 
真皮層のサポート役

 

 

真皮層は、いわゆる肌の土台となる部分です。
年齢を重ねると、土台にも影響がでるので、
肌の黒ずみやクマなど、皮膚の薄い部分には影響が出やすくなります。

 

レチノールクリームによって真皮層のサポートをすることで
影響の出やすい部分も、出にくくなり年齢よりも
若々しく、綺麗な肌を維持することが出来るんです。

 

それに加え、色素沈着やニキビ跡などにも効果があるので
気になる部分に使うことでしっかりと肌をケアできますね。

 

 

 

使った場合に過剰症が気になる方もいるかもしれませんが、
食事とは違い、
皮膚から体内に取り込まれる量は非常に少ないので、
使用することで過剰摂取のような症状が出ることはないので
安心して肌のケアに使用してくださいね。