レチノールクリームおすすめ

どうしてシワができてしまうの?

年齢を重ねるとできてしまうと言われているシワ、
どうしてできてしまうのか気になりませんか?

 

 

 

大きく分けてシワの原因となるのはふたつ。

 

 

 

表皮の機能低下によるもの

 

真皮の機能低下によるもの

 

 

 

真皮が原因の場合、肌の底の部分のため
簡単にケアができないので、表皮のケアについて
教えます。

 

 

表皮の機能低下によるもの

 

原因とその対策紹介します。

 

 

表皮、いわゆる肌の表面のことです。
普段から見えている部分が表皮と言う事になります。

 

 

ここは風などがあたったり、手で触ったりするなど
外的な要因も多くあります。

 

 

年齢を重ねると小じわが気になるなんてのは、
この肌表皮のせいなんです。

 

若いうちは肌の溝が均一で、キメも細かいため
しわになることは少ないのですが、年を重ねて
20代以降になると、溝の深さは不均一になり、
よく出来る溝の部分がより深くなり、シワになってしまうんです。

 

 

 

小じわ、最大の原因は水分不足

 

 

肌の乾燥や角質層における水分が不足してしまうんです。

 

紫外線や空気の乾燥などが一番の原因ですが、
しっかりした肌のケアが必要になってきます。

 

 

しっかりした保湿と肌マッサージ

 

肌の新陳代謝を促進してあげることで、古い角質をしっかりと
取り除き、血行を良くすることでシワはできにくくなります。

 

 

それに、保湿をしっかりとすることで乾燥などを防げるので
シワの原因も抑えることが可能です。

 

小じわができてからでは遅いので、できる前から

きちんとしたケアをすることがとても大事

 

 

20代でまだシワもないから平気と思っている
あなたも要注意です。

 

40代や50代になって差が出てからではもう遅いので、
若いうちから、気になった時からまずは
肌のケアのこと、きちんと考えてみてはどうでしょうか。